HOME | 会社概要

松田薬品工業について

松田薬品工業は
 生まれ変わりました。

 

民事再生終結のご報告と御礼

平成28年11月16日、弊社は苦渋の決断をもって、松山地方裁判所に民事再生の申立てを行いました。
この原因は、従来の主要取引先である小規模薬局の売上減少に対する対策の遅れに加え、社外コンサルタントが持ち込んだ「医薬品の海外輸出計画」に、旧経営陣が安易にこれを受け入れた結果であり、一切の言い訳は致しません。
これらは、自らが行うべき経営改革を怠り、他人任せの放漫経営を継続した結果であり、永年ご支持いただいたお客様方の信頼を失ったことを重く受け止めると共に、債権者の皆様には伏してお詫びを申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。
さて、本件申立て以降、弊社はまず経営陣を刷新し、若い力を集結して、企業向け販売ルートの開拓や、商品ラインナップの絞込みを行う等の経営改善を断行致しました。
その結果、10年以上に亘って赤字決算であった会社が、奇跡と言われる3期連続の黒字化を果たすこととなりました。
一方、このV字回復の実績を評価いただいた新たな金融機関2行をはじめ、弁護士、税理士のご支援もあり、再生債権の弁済を一日も遅れることなく遂行した結果、令和2年7月8日、弊社は念願の民事再生終結の決定通知書を受けるに至りました。
他方、民事再生法の弁済完了率は15.3%という統計データがございますが、このように極めて困難な再生計画を達成できた理由は、何より弊社が打ち出した経営改善策を信頼いただき、従前同様にお取引をいただいた、全国100社を超えるお取引先様の温かいご支援があったからこそ。
その意味で、弊社は民事再生完了後、創業1年目であることを胸に刻んで、社員一同、皆様にご恩返しをして参る所存です。
本年度は、既に第二段階の改革に向けて始動しておりますが、PB(ОEM)の受託製造などに新たに取り組むと共に、特に大手ドラッグストアにも販路開拓を行い、より多くのお客様に弊社の商品をお届けできるよう頑張って参る所存です。
どうぞ、皆様には変わらぬご厚情を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。


松田薬品工業 株式会社
代表取締役  池内 悟

会社概要

会社名

松田薬品工業株式会社

所在地

〒799-2438  愛媛県松山市河野中須賀318番地

MAP

電話
FAX

089-994-1391

メールアドレス

soumu@hiramin.co.jp

代表者

池内 悟

資本金

46,800,000円

社員数

12名(パート、アルバイトを除く)

創業

明治37年(1904年)

事業内容

一般用医薬品・医薬部外品の製造及び販売、衛生用品・健康食品の販売

会社沿革

 

明治37年1月

松田喜三郎が「松田博愛堂」を創業

明治41年7月

医薬品の製造を開始

昭和18年9月

医企業整備令により、県下35の製薬会社を株式会社松田博愛堂が母体となり、
一つにまとめ、「愛媛製薬 株式会社」を設立

昭和37年7月

「松田薬品工業 株式会社」と社名変更(設立)

平成28年11月

民事再生計画開始

平成30年1月

企業向け販売ルートを開拓

    9月

主力商品の選別を行い、経営改善

    11月

決算黒字転換

令和1年12月

新たな金融機関2行との協調融資で具体的協議

令和2年4月

前述した金融機関2行と金銭消費貸借契約合意

    7月

民事再生終結

<現 在>

ヨヒンビンの独自輸入を実現
ストルピンMカプセルの安定供給体制を確立
新たな経営陣による経営改革に着手中

アクセスマップ